ラオス商店が目指すこと

活動内容

わたしたち「ラオス商店」は、『地球と未来の子どもたちのために』をモットーに、ラオスの農作物や工芸品等を通じて、少しでもラオスの人たちの生活をささえる力になりたいと考えております。
また、国内での下記の活動に参加しています。

■認定NPO法人「世界のこどもにワクチンを 日本委員会」

ワクチンがないために予防可能な感染症で命を落とす子どもは1日に世界で4,000人。
認定NPO法人「世界のこどもにワクチンを 日本委員会」(JCV)は、このような子どもたちが数多くいるラオス、ミャンマー、ブータンで、1人でも多くの子どもが病気に負けず、夢と希望を持ち、笑顔で毎日を過ごせるよう、募金をワクチンに換え、ユニセフ経由で確実に接種されるように届けています。
「ラオス商店」では、収益の一部をJCVへの寄付にしております。

■「いのちのリレー」プロジェクト(ONE GIFT ONE VACCINE)

冠婚葬祭コンサルタントである(株)CS・グループと潟gランスブレインが、葬儀を通して世界の人々を救うという活動を展開しています。
その企画の一つとして、葬儀の返礼品1点あたり、ポリオワクチン1本分にあたる20円をJCVに寄付するという、社会貢献型プログラム付ギフト商品の提供をしています。
この商品は、「ラオス商店」がラオスの農民支援のために企画したオリジナル商品です。

■特定非営利活動法人「ラオスのこども」

特定非営利活動法人「ラオスのこども」は、ラオスの子どもたちの教育環境の向上を願い、日本とラオスで活動をしている国際協力NGOです。
ラオスは、子どもが教育を受ける機会を十分得ていない国のひとつです。そこで、「ラオスのこども」は、絵本・児童書の出版、学校への図書の配布、学校図書室の設立運営の支援、教員の研修、本を活用した学校教育の充実、本の作り手の育成、子どもたちの集会所の運営支援など、子ども自らが学ぶ力を伸ばす環境を生み出す活動に取り組んでいます。
「ラオス商店」は、「ラオスのこども」の賛助会員となり、サポーターとしてその活動に参加しています。
また、「ラオス商店」で販売する雑貨は「ラオスのこども」を通じて購入しております。

■シートン基金

「シートン基金」は、ラオス中日特命全権大使Sithong(シートン)氏の後援と指導 のもとに、保育園児童を援助するため、保育園が必要とする教材、文房具、運動用具 を支援しています。
留年制度のあるラオスでは、就学前教育を受けずに小学校へ入った子どもの約3割が 2年生になれず留年していると言われています。保育園で、基本的なラオス語や学習 の基礎づくりを学ぶことで、小学校での学びが充実し留年率も下がります。
「ラオス商店」では、収益の一部を「シートン基金」に寄付することにより、ラオ スの未来を担う子どもたちの教育環境向上の一助になればと願っております。

(平成25年シートン駐日大使が帰国され、現在シートン基金はありません)

■財団法人「日本ユニセフ協会神奈川県支部」

財団法人「日本ユニセフ協会神奈川県支部」では、2006年から「人身売買からラオスの子どもたちを守る」指定募金を行っております。
世界で最も貧しく社会経済的に立ち遅れている国のひとつであるラオスでは、子どもたちが人身売買や性的搾取、児童虐待の危険にさらされています。被害にあった子どもや女性を保護するため、地域コミュニティの活動を支援しています。
また、子どもたちの教育が遅れていることも、上記のような被害に遭いやすい原因となるため、子どもたちへの教育の必要性も訴え、行政にも働き掛けています。
神奈川県支部が行うイベント等では、「ラオス商店」がラオス産物をチャリティー販売させていただき、収益をこの指定募金に寄付しております。

■ホワイホン職業訓練センター

ラオスでは、現在でも女性の教育の機会は十分ではなく、女性の立場は低く自分の力で生計を立てるのはたいへん困難です。
このセンターでは、ラオスの女性が代々受け継いでいる染色という技術を活かして経済的に自立することにより、ラオス社会における男女平等を実現すること、そして、隣国からの安価な布の流入に押されて失われつつある伝統的技術・模様を保持保存すること、この二つを主な運営の目的としています。
センターの活動費用は、このセンターで織られた製品の売り上げと、支援の方々からの寄付によって賄われています。
「ラオス商店」では、センターで作った製品を紹介・販売することにより、センターの活動を支援しています。

  • 商品の特長
    商品の特長
    直接口に入れるものだからこそ、安全で健康的な選りすぐりの製品を販売しております。
  • ラオス商店が目指すこと
    ラオス商店が目指すこと
    “地球と未来の子供たちのために”をモットーに、少しでもラオスの人達の生活をささえる力になれるように運営・活動しています。